ダイエット 30 暑い時期は危険!

猛暑や酷暑が続き毎日が夏の疲れが溜まっているかと思います。

 この暑さで太ると思い水分量を加減している方が多いと思います。

☆浮腫みやすい時期

しかし、夏は一時的に浮腫んだりもしますのでその事も含めこの時期に

関しては体重の増減に一喜一憂しないで下さいね。 また一日中何度も体重

を計り 神経質になっている方も多く せめて一日一回にしましょうそれもほぼ

同じ時間帯がお勧めです比較するには!

 暑さで電車も何処も熱中症対策でエアコンが効いています。

長時間いると体が冷えるので食べるものや飲む物で冷え対策しましょう!

☆体内温度のバランスが取れない

外の暑さと室内などの冷えた部屋での温度差に体調を崩されている方が特に

若い女性に多くいらっしゃるようです。

 珈琲よりは紅茶の方が体を温めるのでなるべく温かい紅茶を飲みましょう!

砂糖抜きで ね。カロリーだけで無く砂糖も体を冷やしますので要注意です。

最近和風カフェのランチタイムに私も電車で冷え切ってしまった体を温かい

うどんを食べたくて店内に入り予定通りに温かいうどんを注文しました。

☆暑い時期に冷房でクールダウンし過ぎ?

周りの女性客の大半が温かいうどんを注文されていて驚いた事があります。

 冷たいうどん、パフェ、かき氷などメニューにあるのに大半が温かい飲み物

と温かいうどんを食べている光景にエアコンの効きすぎによる物だとすぐに

わかりました。

 このように暑い夏になってきた環境ではエアコンによって体が冷えるので代謝

が悪くなりますます痩せにくい状態になります。

 体内の代謝が狂わないように自分で服装に気をつけて羽織れる物を持参する。

ストール一枚でも有れば寒さを防ぎ冷えから体を守れます。最近電車では

カーディガンやストールに包まれて震えながら乗っている女性を良く見かけます。

 このままほっておくと痩せにくい体質になっていくので秋になる前にこれ以上

冷えないように対策を練りましょう! 来年以降もこのような酷暑にも負けない

ように、体を温めるハーブティーや、シナモン、生姜などをフル活用して 夏でも

痩せやすい体質改善を目指しましょう! 冷えは病気の元です。

お問い合わせ お問い合わせ

お問い合わせイメージ

0120-952-441

お手伝いさん・家政婦・家事代行サービスを安心してご利用いただけますよう、質問や不明な点も丁寧にお答えいたします。

東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 愛知

  • ハウスサポーターについて
  • サービス内容について
  • サービス料金について
  • サービス開始までの流れ