食のささやき (25)-下ごしらえ 花蕾編 

次なる「 下ごしらえ 」は例えば冬に旬を向かえる

ブロッコリーやカリフラワーから!!

今がシーズンですからたくさん出回っていますが、

この寒い冬で雪の災害などで野菜も高騰し国産品も

一回りも小さい上に価格も高くなっています!

海外からの輸入品に頼っているようですが。。。。

 

 ☆ 花蕾って?

 国産品に拘っていた方もこんな時期は輸入野菜に

頼らなくてはいけない時は必見!

基本の下ごしらえをして安心な状態にしてから食べましょう!


ブロッコリーやカリフラワーの特徴は普段食べている部分は

小さな蕾が集まった部分「花蕾」でカリフラワーも同じです。

ブロッコリーは良い状態は蕾が固く密集していて蕾が開いて

いない状態で緑色が濃いも、黄色くなったものは鮮度が落ち

ている。かたちもこんもり丸く盛り上がったもの。

切口がみずみずしくスが入っていないものを選ぶと良いでしょう!

まれに薄紫色になっているときは寒さのせいですので心配

ありません。

 カリフラワーも同様ですが、房が真っ白よりややクリーム色を

したほうを選ぶと良いでしょう!

 ☆ 茹でこぼすって?

 どちらも花蕾部分は葉におおわれていて農薬などが直接かかると

いう影響もやや少ないようですが、ボウルなどに入れて茎のほうを

上にして流水で十分に汚れを流しながら暫くたったら小分けにして

分けてさらに流水を流してからたっぷりの沸騰した湯で軽く茹で

ましょう。

 ブロッコリーの場合は、塩茹でで。

カリフラワーは酢を小さじ1杯に塩を加えて茹でましょう。

どちらも茹でこぼす。。。。葉物とは違い冷水で灰汁を取る必要がなく

ザルにでもあけて冷ましたら良いと思います。

 このような当たりまえの下ごしらえをする事によって農薬など

有害物質が除去されますので特に気になる輸入野菜のときにでも

やってみると良いですね


お問い合わせ お問い合わせ

お問い合わせイメージ

お手伝いさん・家政婦・家事代行サービスを安心してご利用いただけますよう、質問や不明な点も丁寧にお答えいたします。

東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 愛知

  • ハウスサポーターについて
  • サービス内容について
  • サービス料金について
  • サービス開始までの流れ