食のささやき (46)- 土壌を綺麗にしてきた生産者さん

◆ 農作物の一番大切な土壌の話です 

農作物を作るには、広大な農地が必要なのは皆さん誰もがご存知な

事ではありますが、ハウス栽培にしてもここ何年か増えて来た土を

使わないで水で水耕栽培し太陽光では無く蛍光灯などを使い、

水に栄養素を加え主にサラダの材料になるレタス類を中心に葉もの

類もたくさんあり新しい野菜として登場しています。
 

 今回の放射能汚染には丁度良いかとも思いましたが、

 ◆ 水の問題も?? 

場所によっては気をつかう事もありますね。

 さて土壌の話に戻りますが、農作物と土壌といったら土の他に水が

必要な日本では主食になるお米が収穫出来る水田もあります

秋には天然の茸類や山菜、春と言えば竹の子など山林で収穫する

野菜類もたくさんあります。

  やはり農作物は土が必要なので農産物を作る農家の方がたには

 ”土”  ”水”  ”太陽の光”  “風”  ”空気” ”栄養分”

などが必要になります。

まず初めに種を蒔く前に必要な事は、土作りからなんです。

野菜やお米など農産物は、昔から製法が変わらず同じなのでは

ないかと?思われているかもしれませんが、特に農薬をなるべく

使わないよいにより安全、安心、美味しく食べて頂きたいと心掛けている

農家の方がたにとっては、ここ何年かに渡り続いている

 ”異常気象”  “地球温暖化”  

現象に毎日頭を悩ませ戦っています。

 種を研究している方がたを始め、種の保存、化学薬品を使わないで

生産性を高める、土の中の微生物、より安全な栄養素、綺麗な水、

有機堆肥、土壌汚染の研究など農業や養鶏業、畜産業なども土に

携わる業種の方がたは皆さん日々、県や市町村など公的機関とも

研究を重ね努力されています。

 それも体に安全!心に安心!食べて美味しい!

を届けたい想いからです♪♪♪♪

続く。。。。

お問い合わせ お問い合わせ

お問い合わせイメージ

お手伝いさん・家政婦・家事代行サービスを安心してご利用いただけますよう、質問や不明な点も丁寧にお答えいたします。

東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 愛知

  • ハウスサポーターについて
  • サービス内容について
  • サービス料金について
  • サービス開始までの流れ