食のささやき 105 規制値が違うところも!

4月になってから放射線に関する食品の基準値が厳しくな

りました。昨年の事故直後の暫定基準値があやふやで一年

経過をみてからの日本独自の基準値を設けましたが、その

影響で昨年は市場に基準値以下という事で出回っていたの

にも関わらず今年は新基準値になったら出荷停止や出荷

自粛しています。そこでまた各地市民から新基準値が昨年

から実施されていたら市場に出回らなかったはず!!

小さなお子様むけに厳しい基準値を求む!

と反発のご意見が多々出てきているようで、小さなお子様

がいる給食に関してなどは、地方自治体などによっては

独自で放射線測定器を導入し基準値以下の安全な値を確認

してから関係個所エリア内の給食を提供するというシステム

を作り保護者からも安心ととても評判なようです。

独自の基準値もある

 ほかにも独自の新基準を更に厳しい数値で決めて住民

一体となっている市もあるようです。

 市民がいつでも食材を持ち込めて測定できる放射線測定器

もあるところがあり、どこかで購入した食材や、家庭菜園

で採れた食材も測れるのは市民の皆様にはとても好評の

ようです。

今回の新基準値もあくまでも目安です食材もトータルして、

蓄積されていくので食材のすべての数値が明確にわかって

いるのではないので合計の値を出すことは難しいのでとても

見えにくい、不確定な要素がたくさんある中で○○産の筍は

、○○産の野菜は?などと今年は食べられないね。。。。

食事選びは充分に検討しましょう!

とがっかりかもしれませんが、昨年は食べてしまったと

後悔している方も多いはず!中には基準値ではなく数値が

出たら駄目なんだという事にして欲しいという厳しい

要望の方の意見もあるようです!

暫くは基準値問題は続きそうです。野菜やお米も輸入品も

ありますので。。。。

お問い合わせ お問い合わせ

お問い合わせイメージ

お手伝いさん・家政婦・家事代行サービスを安心してご利用いただけますよう、質問や不明な点も丁寧にお答えいたします。

東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 愛知

  • ハウスサポーターについて
  • サービス内容について
  • サービス料金について
  • サービス開始までの流れ