家政婦・家事代行【用語集】(2)-家政婦とは

家政婦とは家事代行サービスを提供するスタッフのことをいいます。

家政婦は職業安定法で「家政一般の業務、患者・病弱者等の付添いの業務を行う者」と定められています。
料理や洗濯、掃除など一般的な家事や、介護を必要とする者の介護、食事の世話、病院への付き添いなどが含まれます。
【家政婦】以外に、お手伝いさん、ハウスキーパー、ハウスメイドなどと呼ばれることもあります。
家政婦というと住み込みのイメージが強いかもしれませんが、近年ではプライバシーが重視されるため、通勤による家事代行が一般的となってきました。
ハウスサポーターでは通勤による家政婦サービスをおこなっております。
3年以上、家政婦の仕事に従事した者は介護福祉士の受験資格があります。
ハウスサポーターではスポットコースや定期コースなど、様々なプランを用意していますので、お客様のニーズに合わせたサービスをご利用頂けます。
ハウスサポーターの厳しい研修を経たプロの家政婦が、満足のいくサービスをご提供致します。
料理、洗濯、掃除、買い物、病院への付き添い、子供のお世話、犬の散歩、お片づけなど、ハウスサポーターの家政婦にお任せください。
仕事がお休みの日は家事を家政婦に任せて、家族水入らずの時間をお楽しみください。

お問い合わせ お問い合わせ

お問い合わせイメージ

お手伝いさん・家政婦・家事代行サービスを安心してご利用いただけますよう、質問や不明な点も丁寧にお答えいたします。

東京 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 愛知

  • ハウスサポーターについて
  • サービス内容について
  • サービス料金について
  • サービス開始までの流れ